経営規模に従ってレベルアップ【日商簿記1級を独学で学びましょう】

効果的な学習方法

笑顔の女の人

自宅学習とその特徴

資格取得などのために、専門学校に通う場合がある。専門学校に通う場合には、教師から直接勉強の指導が行われることや、不明点がある場合にはその場で質問できるなどメリットが多い。反面、専門学校に通う手間が必要であったり、講義が行われる時間に合わせ登校する必要があるなど、時間や場所に対する制約がある。これらを解消するものとしてあるのが、通信教育の活用である。通信教育では、郵送やインターネットなどを活用し、教材やテスト用紙の授受を行うことができる。また、最近ではインターネットを活用し授業を中継することで講義を受けられるものがでているなど、教室に通うことと変わらないレベルで学習できるものも増えている。通信教育では、時間や場所の制約が少ないという特徴がある。

利用における注意点

専門学校に通うことなく、通信教育で学習するという方法が人気を博している。まずは、サポートの充実度が重要だ。通信教育では自宅での勉強が中心になるため、行き詰った場合にサポートをどれだけ受けられるかが重要な要素になる。その為、業者を選ぶ場合には講師によるサポートの充実度で選ぶことへの注意が必要になる。また、適正な価格で利用できるものを選ぶことも重要になる。資格取得などでは、一定期間学習を継続する必要がある。その際、経済的な負担が大きい場合、途中でやめてしまう可能性が高くなるため、適正な価格で学習できるサービスの選択も重要である。また、自宅学習と合わせ、定期的に教室での学習もできるサービスが最適ということもある。